恋する段差ダンサー

ハイクの投稿をまとめて記事にしています。

いにしえの日本しぐさ 2

実家で発見したお宝シリーズ。その2です*1
前に「70年代の絶望感」について書いたとき*2、その中で「メディアや雑誌で危機感を煽られてた」みたいなことを言ったのです。その記事を書いた時は、あくまで自分の「幼少の頃の記憶」で書いたので、「たしかにそうだったとは思うけど確証があるわけでもない…」みたいに思ってたのですね。

ところが、その後、実家の屋根裏を奥深く掘っていきますと、なんと!それに該当すると思われる本が出てきたのです!おそらく自分の記憶もこのとおり、この本で間違いないと思いました。なので早速ご紹介します!写真は拡大できます。


★少年朝日年鑑。
昭和49年ということは…1974年!
前回の「中一時代」と同じ年です!
f:id:maicou:20180104080607j:plain

★ココでご注意!ちょっと「リアルな写真」が出てきます!
苦手な方は見ないほうがいいと思います!










★公害の先進国
f:id:maicou:20180104081221j:plain
日本中が公害に侵され、絶望感が示されます。


水俣病の20年

f:id:maicou:20180104080755j:plain
これは本当に見るのが辛かったです。
ここで20年…。
ということは現在は「64年目」ということになります。


★患者さんの様子
f:id:maicou:20180104080859j:plain
これを発見したあと水俣病に詳しい方に話を伺いまして、ココに出てくる方々はみんな、現在もよく知られてる方々だろうということでした。

公害病

f:id:maicou:20180104081250j:plain
こういう日本でした。



いかがだったでしょうか。内容は確かに記憶通りでした。しかし「知ってた」とは言ってもですね、こうやって改めて見てみると、これらの画像に「やっぱり」新たにショックを受けるものですね。いい大人の自分が、しかも初見ではないはずなのに、これだけ衝撃的だったわけだから、この本の想定読者である「当時の少年」は、いったいどう感じたのでしょうか。

先程の「水俣病に詳しい方」からお話を伺った際、「今だと精神的ショックのことが考慮されるから、小学生にこれを見せるというのはありえない気がする」と仰っていました。事実を知らしめるのは大事だけども、だからといって、子供相手に何でも見せていいというわけではない。と。例えば原爆資料館などもそうですね。トラウマになるから十分配慮する、というのが今の倫理観ではあると思います。
しかし、長崎の方にこれらを見せたとき「自分らは長崎で、子供の頃からこれよりも もっともっと酷い写真 をたくさん見せられた」と言われ、現実は直視すべきだみたいなことを仰っていました。それもたしかに正しい気はします*3

僕自身、これらを子供の頃に見て、先のブログ記事にも書いたように「地球は終わっていくんだ…」という終末感を煽られたのも事実です。また、現実の自分の周りについて(北海道でしたが)、これほどまでではないにしろ汚染はあったし環境意識も低かったというのは事実として記憶があるので、自分と関係ない、遠いどこかの話とは「思っていません」でした。

また当時タイミングのいいことに、楳図かずお氏の「漂流教室」というマンガが連載されており、それがまた「地球の終末感」をたいへん煽ったのですね。今読み返すと、あれらはフィクションの一部として捉えられますが、当時リアルタイムの日本で生きてて、こういう現実を実際に見ていた身としては、「じゅうぶん有り得る未来」で、決して空想の話とは思えなかったのです。

よく当時の風潮として「ノストラダムス」の影響について語られますが、子どもにとっては、難しいノストラダムスみたいな本よりも、テレビやこうした本で取り上げられる「酷い環境問題」のほうが、よほど不安感を煽られ「自分たちは滅んでいくんだ…」という気分にさせられたのが事実だったのです*4

「少年朝日年鑑」ということは。まあ「朝日」なんですよね。そこを捉えて殊更なにか言う人もいるかも知れません。しかし当時の日本は「高度成長期」で、国が経済的に潤うならば他の全ては犠牲でもいい、というような社会でもあったのです*5。そういうときに、当時の若者、ちょうど団塊世代くらいだと思うんですが、彼らが「政府なんか信用できるか!」と怒るのも当然の流れだったし、今の「いわゆる左派」の人々が今もそれを引きずってるのはわかる気がします。彼らにとってのトラウマなんですね。


前回の「女性だけの街」記事もそうだけど、あれから「44年」も経って、今の日本が当時と「どこか変わった」のか。当時これらを読んでいた少年少女、いまアラ還とかだと思いますが、偉くなったり大人になった彼らの現在の意識はどうなっているのか。

そういう事を考えていくと、日本という国のスタンダードというか「日本しぐさ」について、いろいろと見えてくる気がするのです。そんな発見でした。

*1:karamandarine.hatenadiary.jp

*2:karamandarine.hatenadiary.jp

*3:ココには載せなかったが長崎のリアルな原爆被害写真も掲載されていた。

*4:他にもNHKでこういう番組がオンエアされていた。→ 70年代われらの世界 - Wikipedia

*5:富国強兵の別バージョンに過ぎない。似た話は同じく、楳図かずお「おろち/眼」でも描かれている。

いにしえの日本しぐさ

先日実家に行きましたところ、中学1年生向けの雑誌に「興味深い記事」が載ってるのを発見いたしまして、是非とも皆様にも見てもらいたいと思いましたので、ここでアップしますね。写真クリック拡大して読んでみるといいですよ!


★世の中「女だけなら」いいのに
f:id:maicou:20180821085519j:plain
ふむ。最近「女だけの国」というのも問題になったことですしタイムリーですね*1


★女子を何だと思ってるの。

f:id:maicou:20180821085541j:plain
男子は女子のことを全くわかろうとしない。確かに中1ではありがち。

f:id:maicou:20180821085612j:plain
この図解も実に「あるある」でよくわかりますね。


★チカン退治の極意

f:id:maicou:20180821085642j:plain
通学女子の皆さんへ、気をつけるよう親切な記事も。


以上です。
日本のミソジニー社会ぷりは昨今とみに話題ですが、このように中学時代から「しっかり啓蒙」していかないと、よくなっていかないので、コレはよい記事かもしれませんね。

で、この雑誌は何かということをご紹介しますね!

f:id:maicou:20180821085652j:plain
実はコレ旺文社の「中1時代」。
写真右上。なんと!1974年の本でした!

コレ言われないで見せられたら「今の本」かと思う!
自分も実家の屋根裏でこれを発見して見たとき、「え!?これって今じゃないの??」って一瞬思ったもん。1974年って。「44年前」なんですよ!奥さん

この頃の中学生は…50代の後半〜もうすぐ還暦なのではないでしょうか。こんな昔から、こういうことが問題視されてて、雑誌で啓蒙までされているのに、44年経った今の日本。

それから個人的に「おお」と思ったのは、チカンの記事で「身内や知り合いからの被害が多い」と「既に」ちゃんと書かれていることです。これ今現在も、なかなか理解されていないんですよね。44年も前に既に専門家がこうやって書いてるのに。
もちろん自分も含めて何もやってこなかったというのが真実なんでしょうけど、それにしても、けっこう無力感あった発見でしたよね。

さてどうしましょかね…。

システムが確立してないから互助会が必要になる

http://b.hatena.ne.jp/entry/369385011/comment/koenjilala

昨日いただいた id:koenjilala さんのコメントを読んで思い出したこと。

私、作家Pではありますが、歌を歌ったりしてもおりまして、ココでよく書いたように「自分に厳しく非常にストイックに練習」しております。しかし実は、それらの練習や厳しさは、すべて「音楽的なこと」に限っているのです。

実は。私には「歌い手としての致命的な欠陥」がありまして、それは「歌詞が覚えられない!」ということですの。 他の全ては「常に完璧を目指して」ストイックに頑張ってるんですけど「歌詞を覚える」というこの一点に関しては「本当に出来ない」。

今も思い出してモヤるんですけど、最初にお世話になった事務所で、このことを相談したのですよ(20年前のことです)。そうしたら「プロになって家族を食べさせるとか、そういう必死さがあれば、歌詞くらい覚えられるはずだ!オトコなんだから」と。「甘えるな」みたいな口調でキツく言われたのです。

私その時に「そら確かにそうだけど…」と思いつつ、どこか納得できない感が残って。その後いろいろ考えて「そこまでしてまでするようなことだろうか?」みたいに思ったのですよね。そして「吹奏楽回顧録」で書いた私の「無意識のサボタージュ」癖がここで発動してしまったわけです*1

もともと自分の中に「歌うときに重要なのは、正しいピッチや表現力、言葉の発音」なのであり「歌詞を暗記で歌う」というのは自分にとって「それらの次」である、みたいな考えがずっとあったのですよ。どうしても「歌詞を覚える」ということを、音楽的な要素と「同等の重要案件には思えなかった」のです。そうした経緯から、事務所の人に「気合で覚えられるはずだ」みたいに頭ごなしに言われた時、自分の中で「そこまでしてやるものではない」という反感が芽生えたのですね。
作家としてメロや歌詞を書くことはいくらでも出来ても、それを再演する「だけの」ために「それらをもう一回覚えるなんて」。そんな面倒くさいことはゴメンだ!と。 
もしそこで、そんな「根性論」ではなく、コンサルタント紹介とか、同じように悩む音楽家の話とか、そういう「具体例」を示されたりすれば、また変わったんでしょうけど。そんな根性論で言われたのでは「ブラック吹奏楽と変わらない」と自分で判断したんでしょうね。

いま振り返っても、ここで「歌詞を覚えるのはもういい」と捨てた時点で「自分の器はある程度決まってしまった」と思います。

…といいつつも、そんな言われ方してバリ悔しかった私は*2、その後 1年間「鬼の特訓」をやりましたよ。全て「暗譜&暗記」で、当時のレパートリー全曲覚えるというのを。これ毎日毎日やりました。その様子を毎日&毎回ビデオカメラで録画して見直して、納得行かない部分や、キョドって見える部分などを矯正していって。
そうして1年経ち、なんとか形にすることは出来たのです(そこは褒めろ)。それをやったときには「初めて吹部のブラック活動が役に立った!」と思って嬉しかったけどね。それでもやっぱり「歌詞は」難しかった。どうしても気が散ると「飛ぶ」んですよ*3。だから今も「譜面は一切見ない」でライブやりますが「歌詞カードだけは譜面台に置いて」ないと安心してできません。
まあでもこれに関しては、やるだけやったので。自分の実力を知ることが出来て現状満足はした(今後また挑戦する機会もあるかも知れないし)。


音楽業界は「発達障害的な人が多い」と。以前のエントリにも書きました*4。そんな世界でありながら「それらをケアするシステム」は殆どないのが現状です。だから孤高型のミュージシャンは ASKA氏みたいになるし*5、そんな「孤独な世界が耐えられない」残りの大多数の音楽家は「互助会」活動するしかないのです*6

そういう「個人任せ」な点も、例えばスポーツ界なんかと比べても、いっそうケアが考えられてないという点では、もっと「未熟な依存社会」なのが音楽界なんだよなあと思う。人権なんかあったもんじゃないよね。と。

*1:karamandarine.hatenadiary.jp

*2:歌詞のこと以外に「そんなことより作家業の方に注力すべきです」みたいなことも言われた。頭にきたので自分がどこまで出来るかやってやろうと思った。

*3:気が散る人なんです。
karamandarine.hatenadiary.jp

*4:karamandarine.hatenadiary.jp 

*5:飛鳥氏のことについてはコチラで書いています。
karamandarine.hatenadiary.jp

*6:みんなでワイワイが楽しいのもあるだろうけど