恋する段差ダンサー

ハイクの投稿をまとめて記事にしています。

いにしえの築地しぐさ

先日こんな増田がアップされ盛り上がっていました。
anond.hatelabo.jp

ブクマで書いたように、私は築地の魚河岸でバイトしていたことがあります。店名バレを防ぎたいので、主な仕事内容は「高級魚と言われる魚の洗浄」「高級で珍しい魚を解剖してキモを取り出す」とだけ言っておきます。

そんなわけで懐かしくなり、お店をググったりしてみたのですが、あまり情報がなくて、残念ながら現在の様子は知ることが出来なかった*1
記憶では、社員で偉い人が終電で出勤とか、午前2時にタクシー出勤とかしてた。自分らバイトは始発で。午後2時ころには上がれたんじゃなかったかな。終わってバーに行く人がいたり(午後からやってる店)。そのため朝からガチガチにヘア決めてたりする職人さんもいた。

社員以外のメンバーは、流れ者のバイトとか、荒くれの河岸職人みたいのばかりだったから、消息を調べようにも「いったい今どこで何やってるんだろう…」って感じだから無理だろうな。
そもそも数あるバイトからわざわざ魚河岸を選ぶとか、その時点で「人として特殊」だと思うから、やっぱり何かありそうな人ばかりだったよね*2

上記の増田の内容も、そんな「不器用だが職人気質な」魚職人たちの様子が描かれてて「そうそう。わかるわ」と思ったのよね。


まあそんな感じで、自分の懐かしい記憶を辿ったりしながら、ブクマコメントをゆっくり見ていたら、こんなものが貼られているのに気づいた。
togetter.com
このまとめは一体どういう趣旨で作られたのか、今ひとつ把握しないまま「そうそう!懐かしい。このままだよー」などと懐かしみながら読んでいたが、途中で、どうやらこれは「批判目的」というか「問題提起」としてまとめられたようだと気づいたのよね。

そっか!普通の人は「これは異常じゃないか?」って思うのか!

私は、働いてた当時も今回読み返したときも「そうそう!こうだった」と思っただけで「これが当たり前」だと思っていたのだ。だって「これが普通」だったんだもの。誰も疑問に思わない。私も、最初はビックリしたかも知れないけど、すぐに慣れて「こんなもんだ」と思って働いてたはず。むしろ、こういうことに慣れていくことが「一人前になっていくこと」だと思わされてたフシさえある。
さっきも書いたように、一癖も二癖もあるような人々で、荒くれ者の職人が「オトコっぽく」働いてる現場ですよ。さながら究極のホモソーシャル現場と言ってもいいのではないだろうか。だから自分も「これで普通」だと「普通に思ってた」のだ。

それが外部の人の目から見ると、異常に見えたんですねえ…。そうだったのか。

今思えば、上記のまとめ内で指摘されてるような問題点を現場で見ていながら、なぜ自分は「不衛生だ」とか「常識としておかしい」というように 思わなかったのだろうか。
慣れてしまっていたからだけではない。どこか心の底で「彼ら職人の 判断 を信じていた」のではないだろうか。くわえタバコでも、床に放置されてても、引きずったりされてても「プロの職人がやってるんだから、これくらいは大丈夫なんだろう」と思い込んでいた*3
まあ確かにそうなんである。これらを買った人々が、無加工でこのまま食べるなんてことは、そうそうないことで、その先の魚屋やスーパーでキチンと処理や加工などされれば、衛生的に問題なくなるんだろう、などと呑気に思ってたんですよね。

これに関しては今もわからない。「これくれぇ デェジョブだよ」と彼らが言うなら、それでいいのかも知れない。でもそれはそれとして、現代の衛生観念には合っていないことも事実なのであり、そう考えると、ちゃんと変わっていかなければならないんだなあと改めて思ったのな。しかし現場にいて外に出ないと、その感覚が麻痺してくる。そういうことなんだと。これはあらゆる業界に言えることですよね。


自分自身がこのバイトで一番きつかったのは、実は「ターレーの排気ガス」でしたよ。

早朝の魚市場なんか「爽やかで新鮮なイメージ」あるけど「ぜんぜん違う」ね。「排ガスの充満した怒号の飛び交う戦場みたいな場所」だったよ。その感じは上記まとめでも少し判ると思う。でも「それで普通だと」思ってたんだよ。

まあでもいい経験だった。普段ぜったい出会うことのないような人々、ああいうの好きな人々と触れ合えたのは、人生としてすごくおもしろかったんじゃないだろうか。

色んな人がいる。それがわかっただけでも、とてつもない収穫だったなと。


★おまけ 〜 築地訪問(2011年)*4

f:id:maicou:20110721121800j:plain

f:id:maicou:20110722113101j:plain

f:id:maicou:20110722113102j:plain

f:id:maicou:20110722113200j:plain

f:id:maicou:20110722113501j:plain

*1:お店自体は存在しています

*2:自分もやっぱり癖のある知り合いからの紹介

*3:実際、新入りはガミガミ怒鳴られていたし、事細かに注意もされていた。決して衛生的にズボラだったわけではないと思う。長年の勘で「これは大丈夫だ」という基準を、それぞれが持っていたのだと思う

*4:バイト先を訪ねたが営業が終わっていた