恋する段差ダンサー

ハイクの投稿をまとめて記事にしています。

男子のウザ絡みは大抵「お茶目なチンコ」に起因する

 さいきん「お茶目な性欲」というのが話題になりました。

 


これを踏まえて「マニアがすぐに怒る問題」について思うことがあったので考察していきます。karamandarine.hatenadiary.jp

 実は個人的に、この辺のことに関してずっと思ってることがあって。

「そんなに男子の性欲を禁止したら子孫が途絶える」とか「男子はお茶目な性欲動物」的なこと言う人って、本人は「実際に」そういうことが出来る立場の人なんだろうか?ということです。

前にわたし、石原慎太郎がことさら「ばばあ」みたいに叩くのって、実は本人がもう「男性機能を失ってしまったからなのではないか」みたいに推理したことがあったのだけど、上記のようなことネットで言ってる人々も「実際にそういうことが出来るような人々なのか実は怪しい」というように睨んでる(いろんな意味で。環境だったり身体的なものだったり)。

この辺はまた、最近話題になってた「音楽評論が歌詞や背景でしか語られない」問題と繋がってくるのだけど、まあつまり「やりもしないで想像で語るな」に尽きる のですね。
いや、考察の一つとして「自分が知らない世界のことを考えるのはあり」です。でもそれは主流ではない。音楽批評は「音楽的なこと」が分かる人がそれについて書くべきだし、それは絵や映画、小説などについても同様なんじゃないか。なのに何故か音楽だけは「音楽を実際にやらない人」によって批評されておる。

それと同じく「性的なものやエロ」も「実際にそういうことをやらない人によって批評」されたり「持論やファンタジーで主張されている」ということが、自分としては「すごくアンバランス」だと思ってるということです。つまり「当事者が置いて行かれて」勝手に外の人々が空想で語り、風潮が決まっていく。それがそもそも変なのだと。

慎太郎氏に関しては、以前いろいろ考察したことがある。例えば最近「もう漢字が読めないんだ」みたいなこと言ってたけど、彼は日頃「ぶつくさボヤキ」みたいの言ってるけど、彼ってプライベートでも「思い通りに行かない自分自身に対して」ぶつくさ文句を言ってるんじゃないかって。というのは、珍しく弱音を吐いてる何かのインタビューを見たからである。「もう自分はダメだ」みたいな。だから彼は「パブリックに示したい自分自身のイメージ」があって、そこから外れてることについては認められないみたいな、「よく言えば美意識」みたいなものに縛られてるんじゃないだろうかと*1
小室哲哉氏みたいに赤裸々に弱音を吐ける*2のは、男子では、今もそうそういないので、だいたいは石原氏みたいにずっと強がりを言い、それが老化で転じて毒になっていくんじゃないかって推測してる。
そういう意味で「女性蔑視的ミソジニー」な人々も「なんらかの自分自身が決めてしまった望む形」があって「それに縛られて」ああなっているのではないかと想像できたわけです。例えばそれが「オトコは男らしく」だったりというホモ・ソーシャル的なものだったり。そして「それが上手く出来ていない自分」というコンプレックスがあって、その裏返しとして「すぐ怒り」「キレやすく」なっているのではないか、と。
まあこれは何についても言えるよね。早いうちから頭が固まってしまい「そこから外れた価値観の言動」は出来なくなる。そして自分自身を縛っていく。
老害ミソジニーと言われる人が陥っているのは「この状況」なんじゃないかと。そのように最近思っているわけです。

で、その「陥っている」原因として男性特有の…というか「特有だから男性」なんだけども「チンコの存在」があるのではないかと思ったわけです。
「マニアがすぐ怒る問題」として、その原因の一つに「自分のアイデンティティを奪われる気がするから」みたいな考察をしましたが、彼らには「ヲタである」「マニアである」というアイデンティティの他に、そもそもの根本として「自分は男性である」という主義主張がデフォで備わっていて、望むと望まないにかかわらず、それに振り回されていると。
そう考えていくと、例えば「特撮マニアに女性は居ない」「SF好きは男性だけ」みたいな、彼らの荒唐無稽な主張も理解できます。彼らにとって「マニアであること」がイコール「男子であること」なのかもしれないね。


★2018年10月の追記

今に始まったことでもないのですけど、最近特にツイッター上で「業界系のおっさんが若い人にウザ絡みしてる」場面をよく見るのです。傍目に見れば「まあそうだけど、そこまで怒らんでもええんちゃうん?」みたいな些細なことなんですよね。
ちょうどこないだも、知り合い関係でそういう事案が起こったので、思わず私「何かにつけ因縁つけて食って掛かってくる業界おっさん系の人は "仕事で行き詰まっている" "チンコ立たなくなった" のどちらかだと思ってます」と呟いたらウケたんですけど、まあ同じ男子としては触れたくない部分でありつつも、そこは正直「そういうことが往々にしてある」と思ってます。

先日ちょうど id:c71 さんの書かれた以下の記事を見かけまして。

blog.c71.jpまさに!そのとおりだと思うのですよね。

前述したような「石原慎太郎的なもの」も「業界おっさんが同業の若者に絡む」のも、ヲタが「性欲なくせっていうのか!」みたいにキレるのも、全ては「お茶目なチンコ」の存在ゆえです。
もっというと「それを自己コントロール出来ていない」ことに起因すると思ってます。「我がティンコはお茶目なので言うこと聴かないのである」などというのは「男性としての責任放棄」だと思っていて、このブログで散々書いてるミソジニーやらダサホモソといった問題も、原因が全部それだと考えると、たいがい納得できます。今までの日本は、そういうことを放置してきたのですね。

今後、こういうことがコントロールできない人は「老害」としてどんどん居場所なくなると思います。気をつけたい。


★関連

karamandarine.hatenadiary.jp
karamandarine.hatenadiary.j
karamandarine.hatenadiary.jp