恋する段差ダンサー

ハイクの投稿をまとめて記事にしています。

「かわいい」という「障害」

こないだ、ちょっと理由があって「平野綾」さんのイメージビデオ観てたのよ。

その中の彼女の「立ち振舞」やら「言動」を見てて、このヒトって「自分が容姿的に恵まれてることを自分で処理しきれてないのでは」と思ったのね*1
つまり「自分の容姿による周りの反応」への対処を「自分でどうしていいんだか判らず」持て余してる。それが所謂「痛い言動」となって表れてる、と思ったの。それに気付いたとき「ああ、カワイイっていうのも”障害”なんやな」と思って*2

それまでも自分は、漠然と「容姿に恵まれてていいね」などと言われる人が、実は「大変な苦労をしている」ということは判ってました(要らん嫉妬やらストーカーやら)。

で、今回思ったのは、本人が望むと望まないに限らず「生まれながらに持ってしまった容姿」というのも、それは「いわゆる障害」と同じなんだってことなのね。つまり、それは「個性」と言い換えることも出来て、カワイイのも障害だし、乙武氏みたいのも障害だし、障害という言葉が不適切なのであれば、そこを 等しく個性と言い換えも可能 な要素だろうと。つまり突き詰めれば「どっちも変わらないもの」なのだと。そんなことを思ったわけです*3

結局、平野綾にしろ他のアイドルなどにしろ、そういう「カワイイという障害」を売りにして生きるしかなかったのよ。「感動ポルノ」という言い方があるのであれば、これは「カワイイポルノ」でしょ。そう開き直れるまで、本人の中では「どんだけ苦しかったか」ということを思うと、なんだか「なるほどなあ」と思ったんだな*4

そして、それを器用に使いこなしていくのが「プロ美人」というわけだ*5

むかし「何らかの奇形を提示して、それをネタとして味わってもらう」芸に関するエントリを書いた*6。「カワイイ」というのも、それに近いものと捉えていいんじゃないかと。

平野綾さんのDVDを観てそんなことを思ったのだった。という気付き。

f:id:maicou:20180907061727j:plain

*1:2007年の作品です

*2:一時期、声優ファンの間で、彼女のぶっ飛んでるキャラが面白半分によく取り上げられていた

*3:他者から好奇の目で「のみ」見られがちであるという点も同じであると。

*4:そして現在のAVや地下アイドルも「カワイイポルノ」になっていると。→ エロと虹とアイドル

*5:私のブクマタグ「プロ美人」。これはホモソーシャルなメディア界に於いてしばしば使用される「美人◯◯師」みたいな表現を指す。そういう表現があるから、そこを利用して自分の容姿をあざとく売り込む女子が登場する、ということ。「ソフト枕営業」みたいなものです。

*6:→ 「どれだけ狂えるか」を競いあうゲーム。