恋する段差ダンサー

ハイクの投稿をまとめて記事にしています。

ホモソーシャルの居づらさ。

前にココで書いたんだけど*1、私、子供の頃から「ホモソ的な関係」がどうにも嫌だったので、いろいろと女子に「告げ口」する形での「情報提供」をすることになるのが多くて、同性からは嫌われたという話。

やっぱり男子集団ってスゴイ仲間意識が強くて、そもそも自分は集団に馴染めませんし距離感も気持ち悪くて。
男子に限らず女子集団もなのかもしれないけど、ともかく「集団ってものは濃縮されて粘着質」になってるので嫌だったということなのかもしれない。

一般的に「女子は陰湿で男子は爽やか」というふうに(特に男子は)語りたがりがちだけど、まったくそんなことはないです。どっちも同じか、むしろ男子のほうが酷いくらい(個人の印象です)。

あと、そういう男子集団の中において、一人でスカしてると「ムッツリ」とか言われて批判やイジメの対象になるので「率先してエロネタなどを言わなければならない」という空気があるんだという話。
それを勘違いして、ホモソ内に留まらず「女子にまで行ってしまうのがセクハラ」になる。

しかし僕の個人的な意見としては「同性内でも異性のエロネタを言うのは憚れる」ところがあるので、ホモソ内でも女子をネタにしたセクハラの話をするのは好ましくないって思ってるけどな。なぜなら、その癖は、ふとしたきっかけで必ず「女子に対しても出てしまうから」です。

それは前に言った「先生がいないところでは、その先生を呼び捨てにする」という話につながってくる。相手がその場に「居ても居なくても」敬意を表していないと、やがてそれは「態度で相手にも出てしまうから」ということなのですね。
だから「どんな場面でもハラスメント的なことは言っても行ってもダメだ」ということに徹底してないと、特に僕なんか不器用だから「いつか本人に対してヤラカシそう」でやばいからね。日頃から避けておくのがベストだろうと思う。


そうそう私、子供の頃から何かのグループ内の「守秘義務」を守れない人だったのよね。いや、一応言い訳をしますと「守秘義務ですよ」と言われれば、それは守る。でも「暗黙の了解」というのがわからないので、例えば、何かのいたずらで先生に責められたとする。僕の場合、問い詰められると普通に「そうです。やったのは○○です」って言ってしまってたなあw まあ嫌がられますよね。

高校の時なんかも、3人くらいで教室でふざけけてガラス割っちゃったことがあるのよ。そんで、直してくださいと言いに職員室に行って、そこで原因を尋ねられたから普通に事実を答えたら、あとからみんなに責められたなあ。「ばか、そういうときは掃除してて誤って、とか言うんだよ!」とか。

こういうこと、ぜんぜんわからなかったのよ。そのままの流れでたぶん今も生きてるんだよね私。多少は考えられるようになりましたけど、自分の中で「これは隠す必要が無いだろう?」と判断したものは、勝手に公開してしまう、というのは今も普通にします。

ただし、こういう経験を色々してきたから、僕が「誰にも言わない。大丈夫」と宣言するときは「固い決意の元で本当に誰にも言わないので」今は なんでもかんでもべらべら喋るわけではないです とは言っておきますw


まあそんな人なんで。
「自分はこういう人なんだ」と自身で理解して、そんな生きづらい自分がなんとか生きていくには、誰かの組織のもとで働くのではなくて「自分自身が最終責任」を取れる形になるしかない、と思ったの。

つまり何かの集団や組織の「空気」とか「暗黙の了解」みたいなことは僕は判らない、と。しかし、その中のトップになって「空気や約束事を提示する方の立場」になれば、誰かを困らせることはなくなる、と思ったわけですね。つまり何事も「自分が考えるとおりに出来る仕組み」を「自分で作れば問題ない」と思ったわけです。
こういうことでいろいろ生きにくくて責められる人は、みんなそうすればいいと思うよw

そうそう。だからね(とうとつ)、私にとっては健太郎氏のオトトイとかナタリーみたいなものも「文化系ホモソ」に過ぎなくて、ああいうのダメなのよ。なんか寄せ集まってゴタゴタしてる感じがスゴい気持ち悪い。
でほら、そういうカルチャー関係の人って進んでるぽいイメージがあったのに、一昨年ブログで書いたように、結局「5キロ先の崖」とか言われちゃうような感覚をお持ちでらっしゃって「ああ結局これもホモソ…」みたいな残念感があって。
ほんともう、別にそんな人種から、わたしなぞ仲間扱いされなくて結構ですから、みたいな気持ちに今なってるっていう感じなのな。