恋する段差ダンサー

ハイクの投稿をまとめて記事にしています。

冷笑時代の終焉

無感情からの開放

田嶋陽子さん。私も好きだった。c71.hatenablog.com コチラを拝読して思ったことなどを*1。自分が「いろんな抑圧から開放」されて「言いたいことを言ってもいいんだ」「怒ってもいいんだ」となった20年くらい前。それからは「怒りを表明する快感に溺れて」ず…

茶化し芸の時代は終わった。

「長渕剛=日本のブルース・スプリングスティーンという説*1」 まとめました。|長渕剛=日本のブルース・スプリングスティーンという説 https://t.co/K07gZsWZXY — yuco (@yuco) December 11, 2015 昨日から yucoさんのこの記事を興味深く読んでいる。ずっ…

「会いたくて震える」ブルース

常々思ってるけどな「最近のJPOPの歌詞が恋愛ばかりでどうのこうの」とか「昔の歌詞はオトナでよかった」などとゴタゴタ言う人は信用してません。 その「昔のオトナぽい歌詞がいい」と言ってた「昔のオトナの現在の言動」をよく知ってるからです。お前らが歌…

小さな喜怒哀楽だいじ。

都会経験者は、例えば肥満していく人が、だんだん胃袋が大きくなっていくように、目、耳、感覚というものが「都会のキャパに合わせてどんどん大きく敏感になる」のだろうな。そうしてそれは Uターンで田舎に戻っても縮むことはない。その「都会に合わせて無…

歌詞を聴かないが歌詞にこだわる人。

先日、興味深い発言を見たのです。 最近改めて思うんだけど、歌詞とか映画の台詞とかを「何でも言葉のままストレートに」受け止めてしまっている人の多さに驚く。文脈やその台詞を言っている人の行動と照らし合わせれば「ああ皮肉か」とか「心の中は逆ね」と…