恋する段差ダンサー

ハイクの「下書き」まとめ。まだまだ深く掘っていきマスク。

渋谷系のルーツの話のようなそうでないようなまとめ。

まとまりがないかもですが、先日、渋谷系のルーツを考える、というのが流行った時に*1、自分なりにいろいろ思い出してまとめた発言が以下になります。なかなかおもしろい。

ツイッター渋谷系のルーツをずっと考えてたが、つきつめると、第2次ブリティッシュインベイジョンに行き着くだろうね。 

高浪さんがそういうの仄めかしてたので、やっぱりそうなのか、と思ったけど、そもそもフリッパーズ・ギターも、スタイルカウンシルのパクリから始まったのだし。
ネオアコ系の中でもソウル含有率の高い音楽がスタイルカウンシルとか、あとはスパンダーバレエもちょっとそう。そういうの。
カルチャークラブも同じ。つまり、アシッドジャズのポップだったのだな、と。
第2次ブリティッシュインベイジョンは短かった、比較的早く廃れた、という感覚があったし、徐々に濫造されて質が低下してったので、聴いてるとカッコ悪い音楽になっちゃった。
そういうなか、スイングアウトシスターみたいな一段上の人が出てきて、これはいい!と思ってハマったんだな。そこからはずっと90年代末まで15年くらいスイングアウトシスターを聴き続けた。
いま振り返ると、スタイルカウンシルは好きだったし、ポールウェラーとミックタルボットのコンビも最強だと思ってる。鮮度が落ちなければずっと聴いてたと思うけど、すぐにネタ切れしてしまったんだよなあ。
60年代のソウルやソフトロックを新しい感覚でやりたい、という彼らのコンセプトは、フリッパーズとピチカートに受け継がれて、そのまま渋谷系的な流れになったので、結局、第2次ブリティッシュインベイジョンの、特にソウルネオアコ系が、ルーツだと。
僕がこういう時代のことあんまり語りたがらないのは、昔の自分だと思ってるからなんだよね。
僕は、仲間とか交友関係、文化的な流れとかを引き継いでくるのが嫌で、例えば、彼女が変わった、引っ越した、バイト先が変わった、というような出来事で、それ以前以後を、はっきり切り分けてしまうのです。
自分の中ではその分水嶺のひとつが、スタカンとスイングアウトの間にあり、新しい感覚になった自分が発見したスイングアウトと、それまでの古い自分が聴いてたスタカンとは違うんだ、と。戻りたくないんだ、という感覚があるからだね。
ジャンルではなくて年代だと思う。88年以前と以後では違う自分である、という感覚。なので、アイドルも同じで88年以前の音楽、もちろんおニャン子も含めて、自分としては「昔の自分」である。という。
翌年の89年には平成になってしまうので、その歴史はほぼ平成と一緒ですね。すごいね。
その後は、92年くらいに境目があり、96年に大きな境目があり、そしてaiko椎名林檎に出会った2000年が大きな境目になる。
その境目「以前以後」というように自分の中では感覚が明確に分かれてるので、「以前」のことは、あまり語らない。これは故意にそうしてると思う。なぜかというと「古い感覚に戻りたくないので」ということです。
「むかし ばなし するなんてぇ~ 気~の弱い 証拠なのーさ」 by 松本隆。ということでは。
例外があるのね、それは例えば大好きだったスイングアウトシスターみたいに、ずっと続けてブレイクしていること、そういう対象は語れます。達郎とかも割りと嫌ではない。今やめていなくなってしまった人は、あまり思い出したくないw
で、次の境目はどこにあるんだろう、いつ来るんだろう、というのが、専らの最近の興味でございますw

第2次ブリティッシュインベイジョンで新鮮だったのは、「バンドじゃなくてもいい」というところだった。スタカンもそうだし、ティアーズフォーフィアーズもそうだし、他にもメンバー2人だけ、3人だけ、というグループがたくさん居た。
歌うアイコン女子ものは少なかったな。記憶にあるのでは、 パッツィ ・ケンジットのエイスワンダーくらい。これはバンドだったけど、パッツィは声もビジュアルもすごくよかったと思う。
ポールウェラーを筆頭に、当時はブリティッシュ男子がすごく人気があったからねえ。真似たかっこした男子が東京のいたるところに居ました。
そういう、ファッション面での影響も大きいところが渋谷系ぽいんだよなあ、と思ったりする。みんな草食系だしね。当時はロックは暑苦しいと言われたからw
なので、ライブエイドがもしなかったら、80年代ロックの人たちは、そのまま消えていた可能性も充分あったと思うよ。あれで「古臭い」人々が出てきて、みんなが引いてるところで、スゲエパフォーマンスをして、おっさんも悪くない、という風潮に逆転させたのは、あれはものすごい功績だあと思う。
というわけで、95年前後の東京の様子に既視感があったのは、そういう第二次の経験があったからだろうなって思う。

というような、滅多にしない80年代の話はこれでおしまい。そのうちブログでも書くかw


スイングアウトシスターはホント好きだった。それまでの音楽に足りないと思ってたものが全部あった。だから短命に終わって欲しくないなあ、って祈るような気持ちで追い続けた。90年代まで続いて、大学生の間で、アシッドジャズとして好んで聴かれてると知ったとき、本当に嬉しかったの憶えてる。
こうやって流れで考えていくと、僕の中でSOSの存在はかなりでかいなって思う。僕にとって、aikoと林檎の前はSOSだったんじゃないか。
そういえば、こないだラジオの特集やって気付いたけど、僕はSOSの新譜は99年を最後に聴いてないんだ。aikoを発見したのが2000年なので、ちょうど入れ替わりなんだ。


-「~系」という言葉-
それまでは「~派」みたいな言葉だったのが、なぜ渋谷「系」なのかという話も盛り上がってた。

トロピカル on Twitter: "@mokomoko @LettuceOfLife @69Gentleman @y_kurihara 一つあまり指摘されないこととしては、「○○系」て物言いが90年代前半に流行りはじめた、てのがある。「ラーメン食べる?」を「ラーメン系いく?」みたいな"

実はこの「系」という言い回し、90年代初頭から僕らのバンドの身内でもさんざん使っていた。それまで、たとえば「寿司でも行く?」みたいに言ってたのを、ともかくなんでも「寿司系でも行ってみる系?」みたいに言ってた。
ともかく、湾曲な言い回しを考えたほうが勝ち、みたいな風習があり(笑)、ここでも、寿司、と断定せずに「系」をつけて、揺らぎを含めてるのが面白かったのだ*2。当然外部ではそれは通じず、同じ音楽仲間や仕事でも、「~系」という言い回しは通じなかったと記憶する。なので、やがて世間で浸透し始め「それ系」などという言い回しが出てきた時は、ものすごく驚いた。
メジャーのアーティストをやってた友人が歌詞の中に「~系」と盛り込んだのが96年、この時点で、この言い回しは一般に完全に浸透したと言えるだろう。

-intermission-

僕が渋谷系スタイルに「戻る」過程を。
基本的に僕の場合、あくまで「メジャー路線」だということがわかる。
それは僕自身の作風にも一貫している。


「あ、日本の音楽変わる!」って一番最初に思った曲。92年


私がオバさんになっても - YouTube


あとこれ(曲。03:08〜)。


スウィート・ホーム OP - YouTube


僕的にこれは「完璧な曲」。


熊谷幸子 風と雲と私1.flv - YouTube


これも名曲。


内田有紀/幸せになりたい 1996.mpg - YouTube


これも、ものすごく好きだった。


森高千里 『二人は恋人』 (PV) - YouTube


-閑話休題-
これ以降は、80年代の音楽は殆ど聴かなくなったな。もう聴かずに済んだんだよ。それ以前までの要素がすべて含まれてブラッシュアップされたものが存在してるのだから、不要なんだよ。


-音楽的な変遷-
僕は音楽家なので、これは新しいとか変わったとか言う場合は、もちろん今までになかった進行とかコードとか、ということになるよ、もちろん。 
今まで挙げた曲やアーティストにはそれがあったってことですね。もちろんポップス音楽の歴史としては別に新しくは無いんだけども、日本人の歌謡曲製作者がココで使い始めた、という瞬間が存在するってコト。 
使いこなせるようになった、でもいいのかもしれない。例えばネオアコのソウル含有率高めってどういうことなのか、っていうこととか。 
92年の、おばさんになっても、でオーッと思ったのは、それがおおぴらに使われてたからで。それ以降、日本のメジャーポップス(オリコン上位を目指すというような意味での)での制限がなくなったんだよ。 
それまでは、そういう進行を使うと、どうしてもユーミン小田和正ぽくなってしまうので避けていたんだろう。つまり応用が出来なかった、そういう実力のある人がなかなか出てこなかった、世間も求めてなかった、でいいと思います。 
スタカンは日本で人気があったので、もどきみたいな人たちもいたけど、みんな単なる劣化コピーに過ぎなかった印象があるし。やっぱり「出来なかった」んだよ。 
東京ラブストーリーが91年だね。あれで本人が自ら禁断を破ったんだな。一方の由実さんはミリオン時代で、昔ぽさが無くなり古いファンには不評だったが、ちゃんとアナリーゼすると、高度なコードw を相変わらずちゃんと駆使してる。 
その双璧をやっと他のヒトが超えられたのが92年頃であろう、と。そしてそれを進化させていき、双璧の二人を凌駕していく。って感じだと思う。 
まあでも今でも、和もの切ない系バラードとか聴くと、どれも「春よ来い」の変奏曲wに聴こえるけどね。悪くは無いけど、別に新しくはない。 
90年代以降は、言葉がコード進行を引っ張っていく、みたいな作り方ががすごく上手くなったよね。つまり自然に身体に入っている世代が主流になってきたということで、そこで時代が変わった、と。 
同じようなブラッシュアップは、aikoと林檎でも行われてて、だからこそ、あの二人は素晴らしいわけです。 
頑張って創りあげた世代 vs それを子どもの頃から聴いてて既に身体に入ってる世代、ってことかな。 
誰もが、コピーしてその元ネタを超えられるものを作れるわけじゃない。だから、彼女達は特別。ってことですね。 aikoと林檎に出会えたからこそ、今の僕がある。と。



-アイドル史(おまけ)-
自分のアイドル歴からハロプロ系がまったく抜け落ちてるって話は前にしたけど、もういっこ、広末もまったく抜けてます。興味なかったなあw
こないだ初めて、マジで恋するなんとかってやつを聞いたけど、なんかクドイ曲だなって思ったw
ASAYAN系がまったく抜けてるんだよな。鈴木あみも例の裁判事件になって初めて知ったw その後、曲聴いたらデビューアルバムはいいアルバムだった。
何が流行ってたんだろう、小室系?そういえば私、hitomiが好きだったんだけど、しばらく離れてて、99年のSomedayで久々に引っかかって、また聴き始めたんだよな。だから99年はhitomi聴いてた。
渡辺善太郎曲はよかった。96年から停滞してたけど、久々に新しい感じがあった。今思えば、そういうちょっとグランジな感じが、その翌年のaikoや林檎との出会いの前哨戦みたいなことだったなって思う。
96年まで聴いてた古内とかCharaとかはみんな居なくなってしまったのよね。低調になったり結婚したり。その合間を埋めるものがなくて、何も聴いてなかった。
92年にせっかく、新しい時代ダーと思ったけど、それも90年代末には停滞して、hitomiくらいしか聴いてなくて、世紀末だなあ、という感じがあった。
99年には自分もライブ活動してCD作ったりしたけど、みんなは「よいねよいね」と言ってくれて協力もしてくれたけど、自分の中では「夢の終わり」だなと思って冷めてたなあ。これでオレの活動も終わりかあ。。みたいに思ってた。
だから21世紀になってこんな展開するとは思っても居なかったので、その後はもうずっと、夢の中みたいな感じがする。

*1:「渋谷系」とは日本版アシッドジャズだった!? 若杉実の労作が提示する“DJ文化”という視点 - Real Sound|リアルサウンド

*2:寿司系でも言ってみたいなという気配があるような感じがするような気がする雰囲気があるかもしれない様子があるw など。

むかしむかしの Twitter 話。


古参Twitter女子に聞く! 初期のTwitterって今とどう違ったの? - トゥギャッチ


これのことですが、ブクマでも書いたとおり、カツマー香味に発見されて、すべて終わってしまったという話だけど、実際に具体的には何が起こったかというと。
またNGSK時代の愚痴になって嫌なんだけども、僕はリアルな知り合いとネットの交流というのはハッキリ分けてたんです。違うものである、という認識もあったし、混ぜることはしない、と決めていました。これは僕だけじゃなく、当時のネット民の常識じゃなかったかなあ。
逆はいいんですよ。ネットから広がって、オフで会ってリアルでも仲良くなる。これは何度も経験し、全部大切な出会いになりました。でもその逆はない、しない、と。
勝間香味事件で、ドバドバ一般人が参入して、NGSKのリアルな知り合いが僕のアカウントを発見し、フォローしてきてしまったのです。
そ れくらいいいではないか。って思う?甘いよ。僕みたいな仕事してるヒトにとっては、例えれば、個人アカウントなのに、会社のヒトに見つかってフォローされ た、ということと等しいの。その頃は、オフィシャルな別アカウントを創る、という発想もなかったし。なにより、そんなこと考える間もなく、あのバブルが急 激だったので、対処が間に合わなかった。あっという間に、リアルな知り合い多数に見つかってしまい、何もいえなくなってしまった。四六時中、見張られてる ような感じになった。息苦しくて死にそうになった。それが発言に現われ荒んだTLになった、みんな「思ってたのとは違う」僕の本性に、引いて去っていっ た。リアルで最果ての土地で取り残された。という流れです。

僕はみんなと違って、飲み仲間も居なかったし、互いに愚痴を言い合って、わっはっはー などと盛り上がれるような相手もいなかった。また、そういうことをすることに興味がなかった。ネットの隠れた場所で、独り言として、こうして日々思うこと や愚痴を書き、自問自答し、それがやがて解決し、新しい発想を生み、作品に転化していく。それが僕のすることだ。クリエイターだから。と決めてたんです よ。そういう「思考の試行錯誤」の場が消えてしまったのね。鶴の機織。それが発見された。これは作家としての死を意味した。

その頃に、ハイク に出会ったのだね。ココに逃げてきたの。他にも、わっさーとかいろいろ「ツイッターもどき」みたいなのはあったんだけど、ハイクが一番よかった。使いやす いとか文字数制限ないとか、いろいろいいところあったけど、このなんというか、ぬるい繋がりがよかった。邪魔するヒトも居なくて、ゆっくり書きながら、考 えて、発展させていくことが出来た。だからずいぶん救われたなと思う。

でも、あのツイッター事件で失ったもの、場所や交流や信用とか。それは二度と戻らない。あの時点で僕はもう、NGSKには居られない、と悟ったの。
鶴の機織を見られてしまったから、NGSKのみなさん、私は飛び立ちます、ってことだったんだよ。

とまあ、郷愁で一方的に語ると、まあこんな感じになるけど、一方、このキャズム超えは、後の日本を救うことになる。言うまでもなく東日本大震災ですね。このとき、軒並み通信手段が絶たれ、マトモに動いていたのはツイッターだけだったのよ。
そう考えると、カツマー香味は日本を救ったとも言えるわけです。むしろその為に存在していた、とすら思えるのがすごい。結果的にいいことだったってことでもあるんだな。


そうそう、あと、もうひとつ、思ってることがあります。
この頃に Face Book があったら、どんなによかっただろう。。ということです。

いえ、実 際には Face Book ありました。僕はアーリーアダプター的なネット活動をしてたので、FBに参加したのもずいぶん早く、いま調べたら2008年くらいなので、ツイッ ターのちょとあとに始めてると思います。その頃は、誰もやってなくて、ネット上の限られた知り合いとフレンドになり、細々とやっていたのですね。
もしその頃に、今みたいに大きなつながりになってたら、僕は告知することが山ほど在り、リア充まっしぐら、みたいなことになってたと思います。
みんなが酸化してメジャーになったのは2012年位かね。その頃は僕はもう既に、告知することもあまりなかったし、仲間も一掃されて、反応も全然なかった。同業のほかの人たちの盛り上がり振りを冷めてみてて、あー楽しそうですねー(棒)、などと思ってただけでした。

当 時ネット民の間で出た結論は、結局リアルだろうがネットだろうが、元々の知名度があった人、リア充な活動をしてたヒトが全部持っていく、勝つ、ということ でした。チマチマ活動して拡げていった地道な輪なんか、メジャーなヒト、充実した人たちに、あっという間に地引網みたいに根こそぎ持って行かれてしまうのです。
そういう人々からすると、ぼくなんか、ちっともネットやSNSを使いこなしてないヒト、ってことになります。実際そう言われたしね。でも、 活動すればするほど、差がつくばかりなんだよ、これ。そういう派手な活動をしたくてネットやSNSに参加してたわけいじゃないのにね、いきなり歌舞伎町の 真ん中みたいなところに引っ張り出されて、全員、同じ条件で勝負やで!ってなる。別にそんなの要らない。でも、そうされてしまった、ということですね。

僕は、ほぼ同時期に、ツイッターとFBと、2箇所で居場所を失くしてしまったわけです。

そうそう、おもしろい話があってね、「近頃、フェイスブックという新しいSNSが登場し、始めるヒトが増え人気です」というニュースを見たときに、「フェ イスブック??そういう名前のサービス、もうあるじゃん、パクリかな?」と思ったのです。僕がやってたフェイスブックと、巷で流行りだしたフェイスブック が、まさか同一のものだとは思わなかったんだよ。で、調べたら、同じものじゃん!!ってなって、検索とかすると、知り合いとかが居るわけだ。ひえーって なったね。

それまではみんなミクシーやってたよね。ひとむかし前の出来事ですよ。ネット民の平均アラフォーになるわけだよね…。(悲哀)

佐世保の事件について雑感

雑感、などとタイトルしましたが、次々明らかになる事件内容に、気軽に何か言えるような程度の問題ではないな、と思いつつ、しかし7年間もあの県に住んでた身としては、他人ごととも思えず。いろいろ深く調べてみたら、僕が知っている、あそこいらへんの閉鎖性と悪い部分を、全部まとめたみたいな事だなと思ってしまった。
…といった話をすると、どこでもこんなだよ、とか、県民性や地方都市などという問題ではなく、加害者の個人的資質、あるいは障害に起因する「特別な」事件なのだ、と言われるのだけど、それは十分わかった上で、あえて、僕の経験を交えて語ってみたい。

前にココでいろいろ書いたの憶えてる人もいると思うけど、彼の地は、みんな一般的におとなしい住民が多いので、そこにハッタリで君臨しようと思えば、わりと簡単にそれが叶えられてしまうんだって話*1。ただでさえそういう土地なんだから、じゃあハッタリじゃなく「ホンモノの実力」で仕切ったとしたら…。それはもう王様レベルで誰も逆らえなくなるだろう。伝わってくる情報から垣間見える加害者父という人物は、それくらいの絶対的存在な人物だったってこと。

更に下世話なことを言うと、イケメン(風を装って演出してる)だし、同年代の主婦とかには「キャー」って人気あっただろう。そういう「まず印象から詰めていく」というスタイルは、地方では特に必須であり、「典型的」だなと思った。事件さえなければ「アホ臭いなあ」と思うところだけど、しかしこんな事件になってしまったので、そんなことも言ってられんばい。。たぶん氷山の一角たい。

僕はこれらの情報、加害者両親の「自分大好き」な様子を見て、大阪の子ども放置死事件の母の父が有名ラグビー監督だったことを思い出した。ネグレクトの連鎖。これらのオトナどもが一生懸命だったのは「自分自身の名声」だけである。

地方というのは、「病んだ人」の行き場所がないところでもある。たとえば小國氏にしても、放火事件を起こしてしまった知人女子にしても、最初から病んでたわけじゃないと思う。ちょっと感覚が鋭くて、空気読まずにいろいろ言動してたら、どんどん遠巻きにされた、という感じかもしれない。
これね、さほど身近じゃない人たちはそうでもないのよ、みんなそれなりに親しくしてくれると思う。つらいのは、身近な人が「まあまあ」などと言いながら、理解しようとせず、なだめようとするところなんである。自分は、なだめられたいから、構って欲しいから、そう言ってるわけじゃない、「判って欲しくて」そう言ってるのに、「まあまあ」となだめられるわけだ。身近な人がこれでは、それこそ、放火もしたくなるレベルまで、気持ちがふつふつと沸騰してきてしまうのもわかる気がする。

いろんなことがあって、自分が駄目になると思い、去ってきた僕であるが、そのまま居残って、被害者父のように、別に気にせず楽しく君臨していればよかったのかもしれないと思うこともある。一度は酷い目にあったが、また復活することもできたでしょう。でも、また何かあったとき、同じように「まあまあ」と言われなだめられるという事を繰り返して、やがて麻痺して、知らずのうちに病んでいくのかと思うと、すごく恐ろしくなった。NGSKで出会った放火女子、小國氏、そしてセクハラトロンボーン氏といった人々は全部、将来の自分の姿だと思ったね。
自分の中の勧善懲悪な感覚がムクムク目覚めていく。それはいかん!という憤りが常にある。そんな気持ちを抱えたまま、よその土地で一生を終えるわけにはいかんよな、と思った。そのエネルギーは自分自身の晩年のためにとっておけ、そう思ったな。だから首都圏リターンを決意したということでもあるのだ。

もいっこ思ってることがある。ココで3年前あたりに散々書いたことだが、NGSKの人たちが自分らの街を好きすぎてうざい、という話なんだけど、実はこれ、そうでなくて、全然好きじゃないと思う。口ではそう言ってるが、住み続けるしかないからしょうがないからそう言ってて、でも二口目には「でもこういう ところがよくない」などと言うし、町に元気になって欲しいとか、いろいろ文句言うってことは、そのままじゃ嫌なんじゃん。町を構成してるのは自分ら市民な んだからね、つまり自分が嫌いで、でもしょうがないから無理クリ好きと言い聞かせてる、みたいな事なんだなと。町が「変われば」「元気になれば」いいと願 うのは悪いことではないと思うが、そうでない人、別に今のままでよか、と思ってる人はどうなのか。って話でもある。

こないだちょうど、ある女子のTV出演の時の話から、スタッフのなかに妙に意識高い系の人がいたら面倒だよね、と言う話になって、それはやっぱり半端だから、そうやって空回り するんで、本当に意識が高く、それを他の人々や町全体にも浸透させたいと思うなら、そんな輪に混ざらないような行動はしないだろ(もっとみんなで全体をまとめて高めようと思うはず)、ってことになったな。僕 が会った「意識高い系」の人々もみんな町が好きと言ってたけど、それにしては、他者に対していろんなことを無理強いしており、あたかもブラック企業のよう です。 だから、本当は好きじゃねえんだよ。自分が望んでる町の姿しか受け入れられないんだよな。そういう人の声がでかいので、今のままでいいと思ってる人々は、 どこか後ろめたい感じになってしまうのではないかな、という気がした。まあ、選挙のときの演説みたいなものです。威勢のいいコト言う人が注目を集め人気が ある、みたいなことです。
結局誰もが、自分の思い通り君臨したいと思ってるだけなんですね。加害者父も、もとはNGSK市出身だったが佐世保へ拠点を移したという。佐世保のほうが小さい町で、やりやすいと思ったのではないか、などと邪推してしまう。

私自身は、自分の故郷については、今でも自信を持って「好きじゃない」と言えます。それを正直に言えることが、そういう自由が許されてることがどれだけ素晴らしいことかってことです。好きでもそうでなくても、本音が言えること、だね。

わたし、そんなこんな「当事者感覚」持つために住んでたわけじゃないのですけど、奇しくも2つの大事件*2に挟まれた期間、当地に住んでて、なんだかとってもよくわかってしまったので、「とりあえず、そういうことです、みなさんは、ホント気をつけてください&兆候は見逃さず、救ってあげてください」とだけ最後に書きます。


PS
佐世保の件で思うのは、田舎だから閉鎖的とかどうとか親がどうとか、などということもそうだけど、あんな事件や被災などがあった県で、命を大切にするとか 平和教育などが、他に比べても破格に取り上げて学んでる県だろうに、なんでそれがまったく活きてないようなことばかり起こるのだ??ということに尽きるん じゃないでしょうか。あの町では、それこそ物心着いた頃からずっとそういう教育をされてるわけで、なのに、それが反映されてない、もしくは、極端なカタチでそれに反する事例が現われてくる、というのは、じゃあその教育、どこかが捻れてるんじゃないのか?ってことを思うわけです。
僕はそういうことをずっと言いたくて、まあ平和や命を大事にする、ってのはいいさ、でも、それに疑問を持つ人の発言場所がない、というか、それは言っちゃいけない、ということになってるのがやばいと思ったわけですね。ただ単に「田舎だし閉鎖的だし親がクズだし」とか言って終わらせると、また10年後に事件起こるよ。

font-da さんのコメント。
少なくとも10年前の事件は障害が関係しています。今回はまだわかりませんが。平和教育が 問題であれば、ずっと救いがあると、私は思います。教育を変えれば、その子たちが人の命を尊重できる可能性が出てくるからです。今回の件は神戸の少年事件とも類似していますが、彼の場合は少年院の尽力で無事に社会復帰できたと聞いています。なので今回の事件の少女の更生も望みはあると信じたいです。


私のレス
きのうもたまたまライブのあと、みんなでいろいろ話したんだけど、今回のも障害では?という感じはあるようです。問題は、それに気付いても何も施せない、という、何事も消極的という地域性かな、と思うけど、それを抜かせばどこでも起こりうるとは思いますよね。
僕はこの件に関しては、どうしても客観的になれない部分があって、それは、加害者の両親の言動気質などが、僕が観たあの土地のある種の人々にとても似ていると、どうしても思ってしまうからです。
そういう意味では、僕はこれについては逆にあまり語らないほうがいいのではないかな、と思ったりしてますね。
両親のことについて、いるいる!ああいうのあの土地に一杯居る!とか言ってても何も解決しないしなあ、とか。
うん、でも、やっぱり特色ある教育をしてる県であることは確かなので、そこを是正とかすれば、望みはある、というのは、そうかもしれません。20年後くらいかなあ。


font-da さんのレス。
障害の問題があるとすると、教育の影響がダイレクトに出ちゃうことはあるかもしれない、く らいは思ったりします。環境に左右されやすいのかな、とか。神戸の少年事件のときも、その2年前の震災の影響はゼロではなかったと思っています。正式な結びつけはできないでしょうが。現地を知ってると見えることはいろいろありますよね、きっと。
なんにせよ、精神鑑定が長すぎるのではないか等々、少年関係の人からメールをもらったりして、つらい気持ちです。こういうことは起きないに越したことはないですね。

*1:地方都市はどこもそうであろう

*2:ネヴァダ事件~今回

好きな対象を蔑むという「文化」~ろくでなし子先生はパンクだという話



通訳がマンコチンコ連呼!パンクだな、これは。

僕の意見としては、「猥褻かどうか」って言われたら「猥褻」という言葉は嫌だ、と応える。しかし普通に芸術としても見れるし性の対象としても見れる、両方兼ね備えたもの、というように応える。
僕ら(ら、というのは例えば友人の作曲家さんとか)は、茶化したり卑下したりせず、ごく普通のものとして、それらの行為や器官を捉える。じゅうぶんエロイし、それが何故悪いのかと思う。「猥褻」という単語には何かいやらしい響きがあるでしょ。取り扱い方の問題として蔑んでることがとても多い。それが嫌なのよ。普通に性の対象で好きだと言うことでいいじゃないの。大好きですよ、私。そういうの踏まえたうえで、もっと先に進めよ、って感じがするね。性は茶化すものじゃない、極めるものだ、と思ってるからね。

たまたまなのだけど、こないだ、その「友人の作曲家氏」と久々にゆっくり話す機会があったときに、まあちょうどASKAの話題もちょっとあったのだが、その流れで、いわゆる「業界の乱れ」についての話題になったのよね。
この話題は、その彼と出会ったばかりのころ、20年位前によーく話したことがあり、なので、今回は改めてじっくり、という感じだった。まあ結論から言うと、僕らは、そういうのが苦手で、プラス、苦手なだけではなく、そういうことを嬉々として勤しんでる人々がどうも尊敬できない、という話で終始した。別に奇麗事じゃない、僕は子どもの頃からそういうのが嫌だったし、なので彼がそう言うのも、僕と同じ感覚だろうから、僕と同じく、心の底からそう思ってるんだろうな、というのがわかる。
そんなことが苦手な彼にしろ、まあ僕もだけど、じゃあよく、そんな業界に関わってこういうことを続けてられますね、と思われるかもしれないけど、実は彼や僕は、業界と付き合い始めた年齢が遅く、なので「若造」時代がなかったので、そういうことを無理強いされることがあまりなかったから、それが救いで、なんとか付き合ってこれたのである。だから、たとえば20歳そこそこで業界入りした人などは、たっぷりそういう洗礼を受けただろうし、それが嫌じゃなければスッカリ染まってしまうだろう(逆にそうじゃない人は「付いていけなかった」ということで脱落する)。
それにしても芸事メディア関係の人種って、なんでこうも風俗好きで酒宴好きなんだろうか。いや別にね、その彼も僕もそうだけど、普通に女子好きですよ?でも周りのヒト、そのアプローチが、なぜか「下品」なんだよね、どうしてそうなるのか、未だに判らない。もっと正攻法で、恋愛していけばいいのに、そうならずに、とても即物的で下品で蔑んだような取り扱い方になるんだわ。そんでそれをまた、人前で嬉々として自慢したりするところが、ホントに困ります。業界全部が男子校なんだね、あれは。と思った。*1

まあそんな僕らですので、なし子先生の主張については、すごく共感できる部分があったのね。そもそも、好きで恩恵を受けてるくせに、その対象(まんことか女子とか)を邪険に扱う、というのは、僕はどうしても判らない感覚なのだ。好きなくせに、なんでそんなに虐げるのか、というような。そういうの、ネットでの女子ヘイトも同じですけど、好きなくせに、何を文句言ってるのか。いなくなったら困るくせに。ってずっと思ってるよ。そういうのが、女子や妻とかを全般的に邪険に扱うという風習に繋がってるんだろう。女子だけじゃない、仲がよい(と思ってる)相手を、わざと貶すとか、愚息です、みたいな卑下した言い方にもそういうの現われてて、ホントに嫌でした。
そういうのココ20年くらいで変わってきたと思うんだけどね、奥深く掘ってみたら、未だに古風な世の中なのか。。と愕然としますよね。日本てすごい国なんだなあ…。

そういえば、こういうことはホントよくあるのだけど、例えば、僕のファンだと言ってライブに来た人たちが、しかしここはこうしたほうがいい、こうするべきでは、などと意見や批判をしてくることがあるのね。やっぱりいい気分じゃないです。大きなお世話だ、ほっとけ!と、すごい憤りを感じることもある。相手の言い方や態度の問題でね。
だいたい、好きだと言いながら近寄ってきて、しかし文句言うんだよ、わけがわかんないんだよ、あの人たち。そんなに一家言あるなら、どうぞご自分で創作なさいな、と思うよね。こっちはオマエのために歌ってるんじゃねえよ、ってことです。

そう考えると、マンコはオマエのためにあるんじゃねえので、自由にさせろ、という主張も近いので、なるほどね、と思ったわけです。

最後に、こういう「表現」はアリなのか?ということですが、わたし、オノヨーコ氏好きなので、こういう「表現」に別に違和感ないのよね。たとえば、ただの林檎が掲示してあって「アートです」っていうのは、見たらただの食べ物の林檎なのだが、それを提示したと言うコンセプトが大事なのだ、という表現ね。マンコも一緒で、ただのマンコですが、それを意味合いを見つけて提示してる、ということが主張になる、ということです。何か描いたり作ったり、という風に生み出したものでなければ芸術ではない、というのは、ちょっと狭量かなあ。と、個人的には思うので、これも別に「あり」でしょ。と思う。なし子先生のことはまた書きます。

*1:そういえば余談ですけど、NGSKのサークルとかでも一緒だったもんね。あれは、日本の中央部の業界の矮小化された醜い例だっただけだろう。だから以前も 言ってたよね、悪いところを真似することはないのに、なんでこんな前時代的なミニ業界みたいなんだって。だからNGSKではすべてが「ごっこ」に見えた。 ピンキリの「キリ」のほうだけ集まった、みたいな感じ。
そういえば、暴露本元祖と言われる、ダン池田の有名な本があって、古本屋のバイト時代に詠 んだことがあるのだけど、日本の芸能界は、アメリカのショービジネスになりたかったがなりきれず悪いところだけ見習って最低である、みたいなことが書いて あったの。それがそのまま、中央→地方って置き換えられてるだけだなあ、と思ってました。しかも、これが正しい、これが業界ってもんだ、とか勘違いしてる ようなところも。なんか見てて可哀想になったなあ。沈んでいく船なのになあ。。とか思ってましたよ。

「どれだけ狂えるか」を競いあうゲーム。


Terrapin - Syd Barrett - YouTube

シドバレット。
ピンクフロイドの元リーダーで精神的に逝ってしまった方。
この表現は例えではなく、リアルにそうなってしまった方です。
実姉が語ったところによるとアスペルガーだと診断されれたとのコト。

なぜいきなりこんな動画を紹介したか、というと、まあ、自分はこうもなれない、というコンプレックスやな。ともかく自分は半端もんなので毎日がつまらないという、ためにならないお話やった。

私、音楽しようと思って東京に出てから、本当に本当にいろんな人と会いました。気が合うヒトもたまに居ましたけど、ほとんどは、散々書いた様に、旧社会的価値観のうざい人々だったりしました。そういう中でも、少しでも良心がありそうな先輩を探して、ナントカ付き合ってきました。そういうことは、そうすることで回避出来ましたが、回避できなかったものがあります。それは、真性で逝ったヒトでした。そもそも芸術関係でナントカ身を建てようと思う人は、どこかマトモでなく、一般的な規範みたいなことが当てはまりません。そのかわりみんな優秀なのですけど。僕もじゅうぶん「自分はおかしい」と思って生きてきましたが、作品の優劣だけじゃなく、「逝ってる具合」で、はるかに僕以上のレベルのヒトばかりで、ついていけなかった。
いや、自然に振舞ってれば、僕もじゅうぶん、その仲間に入れたはずです。でも僕は「自分が普通のヒトに愛されたい」という欲がかなり強くあり、そうすっと、一般人にドン引きされてしまうような、そういう人間性にはなりきれなかったんです。子どもの頃から非リアで、しかし、年上の女子などに愛玩されてた僕は、そこを唯一の生きる希望として過ごしてきました。それを、今も失いたくないのです。僕の活動の主軸は、あくまで「普通のヒトに受け入れてもらえる音楽」であって、何らかの奇形を提示して、それをネタとして味わってもらうものではないんです。
で、この動画のシドバレットのように、狂い切れなかった僕は、こういう「freaks」にすらなれなかった…というコンプレックスがあります。こういう人たちは、一般社会からはみ出してしまった一方、芸術や音楽表現を愛する人々からは、常に愛され続けました。僕は「そうですら」ない、のです。そうで「すら」とか言うと、差別してるみたいなんだが、僕はこういった経験をして、「freaks」にすらヒエラルキーがあると知りました。自分が「どれだけ狂えるか」で競ってる運動会なのです。
その競技ですら勝てなかった僕は、一般社会からははみ出している人、という意識を持ちながらも、しかし「狂った社会」には加えてもらえない、という、どこにも所属させてもらえない、とっても不安定な立場になってしまった。。
僕の中に今あるのは、「全方位的に敗北した」という意識だけです。こんなに自分は変で、普通に混ざれず生きてきたのに、しかし、普通じゃない人たちにも加えてもらえない。。どこにも所属できない。ハブなんです。人生の終了にだんだん近づいてきて、そんな、何にも成りきれず、ただなんとなく生きてしまった…。そんな現実に、いま打ちのめされています。
それはね、どんなにいい曲を書こうとも、それを褒められようとも、まったく帳消しにならない。毎日鏡を見ると、何にもなれなかったハンパな自分が、澱んだボロボロの顔で映ってるのです。

まあ、今でもこの辺の気持ちは複雑で、じゃあ以前のように非常識で非社会的だったらどうなってたか考えてみると、それはまったく今のような充実した創作活動には至ってないと思うのね。僕の場合、以前も書いたけども、一般常識とか人間性とかが良くなってきて、マトモな人間になってくるのと比例して、曲のレベルが上がってきたので、そこは本当に「音楽に救われた」と言えるわけで、そうでなければ、今ごろ、場末の飲み屋で管巻いてるおっさんになってるだけだと思う。

その辺のギャップというか、自分はすごく努力して、マトモな人間になりマトモな創作を出来るようになり、そんで嬉々として業界に縁が出来た、と思ったら、社交としてそこに参加できなかった…というのは、今もすごくわからない。実際僕は、そういうお付き合いをたくさんして、みんなには「おとなしいひとだねえ」とか「マジメなんだね」みたいなことを言われて、いやいやいやいや、全然そんなことない、と思うのだけど、そういう場でふざけるとか、ノリがよく壊れる、みたいなことが出来なかったんだよね。だから結局、ようやく自分に合う世界が見つかったかも、と思って喜んだのもつかの間で、実はぼっちだったということなんだな。それがとてもつらかった。まあそのまま、はいそうなんです、と言って、そのキャラで活きていけばよかったのかもだけど、当時は若いからさ、いや、こんなのは自分じゃない、もっとオレはロックだし!みたいなのがあるわけよ。そうすると、そういう「おとなしいキャラ」でいらせられることが、すごく不本意に感じたんだな。

私そもそも、お酒強いでしょ、そうすると、飲んでも壊れられないの。まわりは、ホント何度も言ったように、酒の席はおかしいから。飲み会なんかに行ったことあるひとは判ると思うけど、先に壊れられると、こっちはそうなれないんだよね、他人が切れてる様子を、すごい冷静に眺めてしまって、全然楽しくないことになってしまう。そういうのの連続で、結局僕は「そういう人々に比べると」普通のヒトだったんだなあ、と。その挫折感が一番大きかったよ。作品力では負けないと、当時も今も思ってるけど、それとは関係ない部分で、すごい挫折感があったんだな。全然関係ないのにね。だからぼくは「こりゃ芸人は無理だわ」と悟ったんだな。

NGSKに行ったとき、あそこは中央とは離れてて全然違う土地だし、だから違う価値観でやっていけるだろう、と思った。最初のうちは、その読みのとおりやれたんだけど、ご存知のように、徐々に中枢に近づくに連れ、エセ業界ぽいヒトが増えてきて、あとは、中央からのリターン組が徐々に増えてきたのね。そうすると、その彼らは、NGSKで東京時代のような「ミニ業界」を構築する(しかも古い価値観の)。そうすっと、僕はまたデジャブですよ、前と同じで、そういうつまらないノリや酒の席に混ざれないの。そんで、ああここでも結局、常識人では生きていけないのかあ。。。的な絶望感が徐々に増えてきて、このままこんな最果ての他所の土地で死にたくない、って思い始めた。だから、戻りたい!と思うようになったんだね。

セクシャルマイノリティサークルの現実

この話はちょうどタイムリやな。と。
微妙に違うけど、僕の身に起こった現象は、これとちょっと近い。社会不適合者の集まりだから、お互いに気安いかと思ったら、その逆だった。というようなことです。そこですら、相撲で言う「まわしの取り合い」的なことがあり、もっと簡単に言えば、よりいっそう「弱肉強食」だったということです。弱肉強食だった場合、気のいいほう、優しいほうが負けになります。マイノリティどうしの主権の取り合いみたいな感じになるのですな。
ただしそれは、現場にもよります。いい人たちが集まってるところは、本当に「いいところ」です。たまたまよい出会いがあって、そこに当れば幸せですが、そうでない場合も多い。そうして撤退していく。そういう例は数え切れないくらいあるでしょう。ショービジネス、あるいは言い換えれば「河原乞食」はそう甘いもんじゃないのです。

僕はそういう経験を散々して、そうじゃない世界でやってみたいと思った、NGSKは新天地だから出来ると思った。実際出来たが、なんらかの「商売」として拡張しようと思った場合、そこには無理が生じ、あえなく撤退した。という感じかと思う。かの地で上手くいったら、新しい価値観、即ち、弱肉強食じゃない、純粋に音楽の好みやクォリティのみで語られる世界を構築できる、などと夢のようなことを思ってたけど、無理でしたなあ。

僕が愛するのは「才能のみ」で、「人」はどうでもいいのです。「いい曲を創るヒト=いいヒト」です。そういう意味での「いいヒト」なのに、既存のシステムに収まれない(僕みたいな)せいで不遇な立場に居るヒトを「救いたい」と思った。でも難しかったなあ、ということですね。

でも、それをやったことは悔いはないの。何故なら、そういう人たちは、純粋に楽曲主義で評価するヒトなど世の中(あるいは、NGSKみたいな田舎)に居ない、と思い込んでたところ、僕みたいな「そういうヒト」も居る、ということを知ることができたの。そして、例え東京でも、良心ある業界の「一部」は、そういう価値観で成り立ってる、ということを知ってもらえただけでも、僕がNGSKでやったこと、提示した価値観は意味があると思ってる。

前に私、歌手は辞めたんだ、と言ったけど、その気持ちは同じです。芸人みたいな歌手というジャンルじゃなく、普通のアーティストw に戻りたいから、こっちに戻ってきたんだと。その意味が、ツキイチを10回くらいやってやっと自分でもわかってきた感じはあるな。

昨日たまたまタイムラインでみて思い出したのだけど、パンダの着ぐるみで歌ってギター弾く人がいるのね。
いろんな人がツアーしながらNGSKにも立ち寄るのだけど、半年に一回とか必ず来る人がいて、その一人に北島の弟子だったヒトもいたけど、あと有名な人では神業Bassの人とかもだけど、その着ぐるみのひともそうなの。地元の人は、たまに来るサーカスみたいな感じで楽しみにしてる。その人ら「みんな上手い」んだよね、なんだけど、そういう妙なギミックというか、着ぐるみとかでやってないと、よさが伝わらないような、これだけのレベルの人でも着ぐるみでドサ周りなのか、じゃあ自分なんか「ただ歌ってる」だけなのに、まったく望み薄じゃんね。。とか思ったんだよな。
やっぱりね、田舎の人が求めてるのは「普段は見れないサーカス」だからね、ただ上手くて「いやー上手かった感動したわー」じゃダメなのよ、いや、それもありなのだけど、それは達郎くらいのレベルまで行って初めて納得できる。そこまでじゃない人は、例えそこそこ上手くたって、着ぐるみだったり、北島ネタで盛り上げたりする以外に、人気を維持する方法はないんだわ。そういう「芸事」の世界がなんか嫌になったの。

でも、自分の姿を振り返ってみれば、滞在してた7年でずいぶん「らしく」なったなあと思う。それはプロらしくていいコトなのかもしれないけど、僕の中ではそれは「汚れた」という風に捉えた。だから、それを身体から抜きたい、という思いでこっちに戻ってきたんだ、と。その辺はここでも以前書いた心情だったと思います。そうしてまた自分本来の姿に戻ってくる、ということね。

まあでもなかなか手ごたえはなかったなあ。インチキ芸人みたいな立ち振る舞いはなかなか抜けなかった。でも、先月のライブの時に、思い切って昔みたいな構成でやってみたら、あ、これやん??みたいな実感が少しあって、ああなるほどー、NGSK渡航前はこういう感じでやってたなあ、というのを思い出したんだな。先月はよかったよ、だから。今月は来週ですが、そういう感覚をもちっと突き詰めて行きたいという感じやな。さっきも書いたけど、なんか小器用になりたくないねん、その辺にポロっと落ちてる石みたいに存在していたい、つうことやね。

色々考えていくと、オレってはたして本当に音楽好きだったんだろうか?と思う。大阪から東京にわざわざ行って音大まで行って、そこで一番面白かった授業は「一般教養」だったよw そこで2年間色々やって「所謂アカデミックな音楽」探求は、僕の中では終了してしまったのではないかと思う。僕のしたいことは、もっと広がっていくような音楽だった。これ以上、ココを追及してもしょうがねえな、という気持ちはあったな。職人になりたいわけではなかったんだろう。

「色々判った」おかげで自分が目覚めて、それがブラック企業の理念と一緒だった、と以前 ココで 書いたが、ちゃんとした企業ではそれはまずいが、しかし音楽業界などといった職人の世界では、それは大変重要なことである。そこにあるのは絶対的な師弟制度であり、音楽「道」である。
だから、親方が欲する前に、お茶がなくなりそうなら、すかさず注ぎ足しておく、などという気遣いは当然の初歩的レベルな気遣いであり、それができない弟子は破門である。
最近「お~いお茶」というのが話題になってるけど、そういう世界を家庭にまで持ち込んだのが、当時の「おやじ」という、とてつもなく怖い人々だったのである。もちろん、時代的にはそれが普通だったのだ。しかしそういう価値観も、ちょっとずつ消えて行って「表面上」なくなってきたのが最近だと思うけど、しかし前述したような職人の世界では、未だ当然のこととして残ってるんだと思う。ずっと僕が指摘してきたような、いわゆる体育会系のノリや、飲みの席での醜態、下半身関係の下劣な取り扱い方なども、全部そこから来てると思う。僕はそういうのがホントに嫌いだったので、馴染めなかったんだ、と再三書いたけど、それでも、もし僕が、音楽が本当に好きだったら、そういうことは我慢できた(本意ではないが耐えた)のではないだろうか。しかし僕はそれが出来なかった。できなかった=そこまで音楽が好きではなかった。ということになるのではないか、と思ったりしてる。
これも、なんとすきやの社長の言い分に実に似てる。彼はこう言ってるのだ。「何故みんな頑張ってくれないのか。会社が嫌いなんだろうか。。」この発言はホントにすごい。しかし、自分のことに置き換えると、様々な前時代的封建制に耐えられなかった僕は、そこまで音楽は好きではなかったのだろう、何故ならホントにもっと好きなら、そんな「些細なこと」は耐えられたはずだからである!ということになる。

まあそんなことは置いておいても、最近ホントに、僕は「そこまでは」音楽好きというわけではなく、前書いた様に、「オレはこれしかできねええ!」というようなこともない。続ける動機がちょっと弱いのである。

じゃあいったい何が、今の僕のモチベーションになってるか、というと、それは「リベンジ」じゃないか、と最近思ってきてる。いや、前々から、そういうことは薄々思ってるけども、いろんなことが昇華したり、叶ったりで、成就していくなか、最後に残るモノのひとつは、この「リベンジ」ということなんじゃないか。そしてそれが遂に成就した時、最後にもうひとつが残るのだ。僕はその「ラスト ワン」のために続けているのだ。